別府へ行って地獄を見てきました 2

九州の大分県湯布院にある「岩下コレクション」
個人で収集したとは思えない収蔵量です

PA303761.jpg

ジャンルもバイクだけじゃなく時計、カメラ、レコード、看板など昭和があふれています

これ何かわかります?僕は何かわからなかったです(笑)
蓄音機の針なんです、金属のまさに針、針で音が変わったりするのかな

PA303725_20171105191911483.jpg

ベンチャーズのギターとか

PA303694_20171105192916d58.jpg

T型フォードとカワサキのマッハⅢとか

PA303763.jpg

メルセデスとロールスロイスや

PA303767_20171105195635c32.jpg

見たこともない国産バイクとか

PA303768.jpg
PA303771.jpg

ハーレーも見たことも無いタイプ、カッコいいな~

PA303808.jpg

イギリスのバイクたち、ロイヤルエンフィールドにビンセント
手前のは何だろう?前後の水平対向なんですよね~

PA303823.jpg

BMWもありました、比較的新しい?

PA303797.jpg

ジェット機と力道山が乗っていたキャデラックエルドラド

PA303712_201711051950221d0.jpg

とバイクだけじゃなく色々楽しめます

PA303736.jpg

一通りゆっくりと見学して帰るときに
円盤型のオルゴールを鳴らしていただけました
これがまた素晴らしい音でとてもオルゴールとは思えない演奏でした

PA303693_20171105200350112.jpg

後ろ髪をひかれながら岩下コレクションを出発して
湯布院の商店街をちょっと歩いてから別府方面へ走って城島高原へ
ここでちょっと地獄を見ました(笑)

木製のジェットコースターなんですが
ここまで乗り心地の悪いジェットコースター初めてでした
普段仕事で良く揺れるトレーラーに乗ってますが
大昔のトレーラーよりはるかにひどい揺れでした
そのおかげで未だに首がおかしい、むち打ちかな(笑)

PA303861.jpg

遊園地はこの木製ジェットコースターを乗っただけで
次の地獄めぐりへ

PA303877.jpg

あ、こちらですね、血の池地獄

PA303888_20171105202321906.jpg

赤い温泉ですね、話は違いますが
うちの近所に「長久手古戦場」という所がありそこには血の池という池がありますが
合戦の後そこは首切り場だったそうでおびただしい血が・・・・・・やめときましょ(笑)

この後別府温泉に到着です、もう少し続きます
スポンサーサイト

Tag:家族旅行  comment:2 

別府へ行って地獄を見てきました

気が付けば11月、10月はネノゴンで始まったのですが
その後は天気が悪い日が続き、連続で台風まで来る始末
幸い私の住む名古屋は大した被害もありませんでした

10月末に九州旅行を計画していたのでまさかの台風でひやひやしましたが
前日に台風は通り過ぎて行ってくれました

ちょっと風が強かったけどFDAで小牧から福岡へ

PA303685.jpg

福岡空港から湯布院へ「岩下コレクション」という所へ行きました

PA303690.jpg

岩下コレクション初めて行きましたが、ここは凄い!
バイク乗りのおっさんなら1日居ても飽きないはず(笑)

PA303693.jpg

1階はあらゆるジャンルの昭和の物が溢れています

PA303697.jpg

ビートルズに囲まれたビートル・・・じゃないテントウ虫

PA303703.jpg

こんな物どうやって手に入れたんだろう

PA303705.jpg

メグロの白バイ

PA303709.jpg

今回は妻と娘二人そして妻の両親も一緒です
85才になる義父も「懐かしい懐かしいと」喜んでいました
マツダのキャロルは初めて購入して妻が子供のころあちこち行ったそうな

PA303711.jpg

時計やカメラも

PA303728.jpg
PA303730.jpg

まだまだたくさんありますが2階へ
2階はお待ちかねバイクコレクションです

自転車にエンジンを付けたって感じのホンダの1号車

PA303737.jpg

2号車はバイクらしくなってきました

PA303740.jpg

レーサーも

PA303743.jpg

4輪のS800や

PA303745.jpg

CBX1000も

PA303749.jpg

ホンダが多いですがヤマハやスズキ、カワサキもありました

楽器メーカーのヤマハが作った1号車、後発だからか完成度高いですね

PA303758.jpg


トトロに出てきそうな後ろが荷台の前輪駆動の3輪車とか

PA303774.jpg

オート3輪の初期のタイプなのかな?

PA303777.jpg

まだ写真が大量にあるので続かせていただきます(笑)

Tag:家族旅行  comment:12 

季節の変わり目に北海道へ行ってきました 2

11月1日、天気予報では今日は朝から晴れのはずだったのだが・・・

PB012048.jpg

「これじゃナイタイ高原へ行っても眺めは良くないかな」なんて思いながら向かうと
11月1日からはゲートが閉まって入れませんでした
営業は10月末までとは書いてありましたが「ひょっとして入れないかな」なんて思っていましたが甘かったw

PB012055.jpg

糠平ダムの糠平湖の水が少なくなると姿を現す
タウシュベツ川橋梁(こんな朽ち果てたコンクリ橋、公式サイトから画像お借りしました)

00001184_1339555932.jpg

もひょっとしたら姿が見えないかなと思い近くまで行ったのですが
長雨のせいですでに8月から完全に水没状態だそうで仕方なく足寄へ向かいます

途中峠越えで凍結していたりしていましたがスタッドレスのおかげで無事乗り切り
足寄の道の駅まで来れました

PB012062.jpg

足寄は松山千春さんの故郷ですね、ギャラリーを見ていたら久しぶりに聞きたくなりました
♪め~ぐる~めぐるきせつのなか~で~♪なんて口ずさみながら先へ進みます

PB012057.jpg

気温は低いですがドライ路面なので問題なく阿寒湖方面まで来れました
阿寒湖の手前のオンネトーという湖です、冠雪した雌阿寒岳をバックにいい感じです
以前バイクで一人で来た時は青空を写して湖面は綺麗なブルーでしたが
今日は周りの緑を写してグリーンでした

周りの景色を写してその色以上に発色する不思議な湖、五色沼とも呼ばれるそうです
綺麗なブルーの湖面を家族に見せたかったのですが残念です
ナイタイやタウシュベツも合わせてまた来なければいけませんw

PB012074.jpg

阿寒湖畔の土産物屋を少し覗き簡単な食事をして
釧路へ向かいます阿寒-釧路間では鹿がいたり群れで飛ぶタンチョウがいたりと
北海道らしさを堪能できました(シャッターチャンスを逃しまくりで写真がありませんw)

PB012088.jpg

お土産物を漁りに勝手丼で有名な和商市場やMOOというショッピング街へ
地元のスーパーにも、何かこの地域特産のものが無いかとウロウロしてきました

釧路では毎回お世話になるjimaさんtamaさんご夫婦
天候次第では釧路まで来れるか判らなかったので
連絡が遅くなり当日に食事を誘ったところ、忙しいのに快く迎えてくれました
さらに数年前少しだけ一緒に走った隼乗りのラオウさんのお店の予約も取ってもらい一緒にカンパーイ

PB012090.jpg

この日の宿も帯広なのでゆっくりも出来ませんでしたが
楽しくお付き合いしてくれてありがとう、ほっけがなまらうまかったよ~
今度来る時はもっとゆっくりできるように来ますね、また遊んでください

夜間の釧路-帯広間は鹿が飛び出してくると脅されていたのでw
ビビりながら慎重に走って無事帯広まで帰れました

明けて11月2日は雪予報だったので千歳へ直行です

道東自動車道沿線は紅葉も終わりかけで
案の定山間部では雪がちらつく天気でした

PB022092.jpg

トマムの辺りのスキー場はもう営業してますね~

PB022098.jpg

3日間で800kmくらい走ったので空港へ着いたら私は満足してもうぐったり
妻と娘たちが土産物を見ている間は仮眠してました

今回もやっぱり天気が悪かったのですが
私は走っているだけで気分がいいのでいいんです(泣
晴れのいい天気は次回の楽しみにします、次はいつ来れるかな~・・・
季節ごとに違った景色で感動できる北海道大好きです

手抜きの駆け足レポートですが読んでくれた方々に感謝です、ありがとうございました。

Tag:家族旅行  comment:12 

季節の変わり目に北海道へ行ってきました

先月の終わりから2泊3日で北海道へ行ってきました
「なんでこの時期に?なんもないよ」と向こうでも言われましたが
「飛行機が安いからw」どの時期に行っても北海道の雄大な景色は変わりません
だだ雪も降るかもしれない時期なのでレンタカーは「4駆のスタッドレス付き」と注文しました

セントレア空港から千歳までゆったりしたシートではありませんが
私には十分の広さ、1時間40分うたたねしてる間に到着しました

DSC_1124.jpg

雲の上はいい天気ですが(当たり前)
千歳は小雨が降ってます、夜から明け方まで雪だったようで所々積もってました
うむ、北海道らしくていいぞと4駆のヴィッツで走り出しました

DSC_1126.jpg

道東自動車道に乗り占冠(しむかっぷ)インターから南富良野の幾寅駅に立ち寄りです
南富良野町はこの夏台風の影響でかなりの被害が出ましたが
幾寅駅は少し高台なので無事だったようです
手前の金山湖は未だに流れ込んだ濁流と流木でひどい状態でした

ご存知のように「鉄道員」の劇中では「幌舞駅」のJR幾寅駅

PA312011.jpg

ロケに使われた建物が残されています

PA312013.jpgPA312017.jpg

道東自動車道のトマムインターまでの道中も
洪水の爪痕がところどころ残っていて国道247号の日勝峠は未だ通行止めです

高速に乗りなおしてホテルの予約がしてある帯広まで来ました
チェックインまでまだ時間があるので帯広競馬場にばんえい競馬へ
数年前、蒼海さん一緒に初めての馬券を買ったな~なんて思い出しながら

PA312040.jpgPA312041.jpg

今日は妻と娘たちが初馬券を買ってました

DSC_1151.jpg

そして帯広と言えば、wakaさん
ご夫婦で突然やってきた変な一家のお相手をしてくれましたw

DSC_1153.jpg

一緒に食事をしたイタリアン居酒屋のバイトちゃんがうちの近所から帯広の大学に来ている子でびっくりしたり
久しぶりで話も弾み、話し上手なwakaさんのおかげで妻も娘たちも楽しそうでした
ありがとうね~また遊びに行くからね~~

続きます

Tag:家族旅行  comment:10 

諏訪大社の御柱祭りに行ってきました

寅と申の年に行わる御柱祭、前回年男だった私は
テレビを見ながら「ああ行きたかったな~」と言っていたのですが

今回は妻が観覧席チケットが付いた宿泊プランがあるペンションを予約してくたので
休みを取って初めての「御柱祭」行ってきました

「御柱祭」正式名称は「式年造営御柱大祭」といい7年毎の寅と申の年に行われます
詳しくは⇒御柱祭

諏訪湖の周辺に4つある諏訪大社、上社は「前宮」と「本宮」下社は「春宮」「秋宮」があります
私たちは「上社」の御柱祭の一部「山出し」と言われる部分の「木落し」「川越し」を見てきました

今回のお宿は蓼科のペンション「四季の宿 すばる
チェックインしてチケットをゲットしたものの
時間通り受付まで行けるのか、まだ不安は続きます

DSC00451.jpg

料理も美味しくご主人も気さくなアットホームな宿でした
御柱に合わせて朝ごはんも1時間早く用意してくもらえました

朝食をいただきバタバタとチェックアウトし
車で3~40分走った茅野駅の市民会館が受付場所です
初めての事で渋滞を覚悟して早めに宿を出たのですが
月曜だからなのか渋滞もなく受付場所まで着くことができました
受付を済ませ法被を受け取りようやく一安心(ほっ)

DSC_0747.jpg

木落の観覧席は一本落とすごとに人も入れ替えるので
わかりやすく法被の色が分かれてます
私たちは上社「前宮四」の御柱、一番最終です

観覧席まで歩ている途中で私たちの前の「本宮四」の御柱が坂から落ちたところです
慌てて線路越しですが立ち止まって撮影しました
上社の木落坂は街中になるので観覧席じゃなくても見ることが出来るんですね
下社の木落坂は山の方なのでそうはいきませんが

DSC00486.jpg
DSC00494.jpg

でも観覧席からは近くから座ってゆっくり見れます
一本落とすのに時間がかかるので座れるのはありがたいです

受付してから2時間、座ってからも1時間、中々御柱は落ちません(笑)
「木やり」と言う歌を歌ったりブラスバンドの演奏があったりと気持ちを盛り上げて
花火とともに一気に落ちてきます、乗って居る人は楽しそうです(怖くないのか?!)

DSC00576_20160405134536d15.jpg

お祭りは参加して方が絶対楽しいですよね、皆さんいい顔してます

DSC00583_20160405134537b5f.jpg

なんか横に倒れてます(笑)落ちる瞬間観客からどよめきが起こり
横倒しになるとまたまた「うお~」とどよめきが
見てる方が怖いというか「危ない危ない」と心配になります

DSC00594_201604051345382e9.jpg

上社の御柱は「めどてこ」と呼ばれるV字型の角が付いててそこに人が乗るので高さ角度が倍増です
下社の御柱は丸太にそのまま跨って坂を下りる分地面に近いし左右の安定性は悪そうです

どっちにしても遊園地のアトラクションよりは危険そうです(笑)
近くで見た木落はやはり迫力があり盛り上がりも身近に感じられました、来てよかった

祭はまだまだ続いていますがちょっと息抜きに諏訪大社を回って
御柱祭の年限定の御柱と同じモミの木に書かれた御朱印を手に入れてきました

上社は本宮のみ、下社は秋宮のみの販売です

DSC00751.jpg

御柱が引き回される道路は交通規制で通行止めになりますが
それ以外は意外と空いていて諏訪大社四社を回ることができました

戻って来てすでに夕方、木落が行われた場所から少し離れたところで今度は御柱は川を渡ります

DSC00647.jpg

この日はこの辺りでは比較的温かかったとはいえ10~15度
先に川に浸かった引手の人は30分以上水に浸かっていました、見てる方が寒い

DSC00682.jpg

いよいよ御柱が川に突入

DSC00684.jpg

斜めになりながら川に落下

DSC00690.jpg

掛け声をかける人も安定させるための綱を引いてる人も一緒に川を渡ります

川を渡ったところで「めどてこ」はいったん取り外され御柱御殿と呼ばれるところで一か月ほど待機です
待機中のこれまで引っ張ってこられた御柱、右の一番太いのが本宮一の柱

DSC00615.jpg

今度は「里引き」と言うお祭りの続きが5月3、4、5日に始まり
お社の周り四か所に建てられお祭りは終了します

一日だけですが御柱祭を間近で見て諏訪の人の盛り上がりを感じることができました
7年に一度なので余計盛り上がるんでしょうね、また見に来たいですね~

Tag:家族旅行  comment:6 

カウンター
らーめんふぁくとりーのすけ
らーめんふぁくとりーのすけの つけ麺がお取り寄せできるようになりました
ホームページが新装開店しましたよ 是非一度ご覧ください 注文ページもあります
プロフィール

TREK

Author:TREK
名古屋の端っこで生息中
BMW R1200RTで放浪してます
2013年からはロードバイク(自転車)も追加して
健康も気にするようになりましたw

にほんブログ村
にほんブログ村に参加しています お暇でしたらポチッとお願いします
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -