さてゴールデンウイークです

と言っても毎年のことながら私の仕事は通常営業です
かえって大きな工場が休みになるので渋滞が減って走りやすく仕事もはかどりますw

とゴールデンウイークはスルーして、以前ていじんさんと話していた乗鞍に登る話です
5月28日の土曜日に予定してますが
現在除雪中の乗鞍スカイラインの開通が5月15日の予定なのでまだ雪が残って居そうです

前回は10月10日にエコーライン側を登りました
この時の気温は登りはじめの三本滝付近が10度前後、畳平は2度でした

DSC05888_20160427220020b28.jpg

今年は暖かく雪の量も少ないそうですが、標高2700mの畳平の気温は真冬並み
5月の平気温は1度、6月の平均気温は6度と冬の装備がいりそうです

乗鞍スカイラインの料金所手前に駐車場があるようなので
そこをスタート10時くらい?7時開通ですがあまり早いと寒いしw

DSC05945_2016042722203233c.jpg

天気が良いといいな~~
スポンサーサイト

Tag:未分類  comment:4 

根尾村の薄墨桜を見に行く

名古屋の桜は木曜日の雨でほとんど散ってしまいました
でもまだまだ名古屋周辺、岐阜の山や長野の方は今満開かこれから咲きだします

先週、上社の御柱祭りを見学した諏訪の辺りは咲き初めだったので
今週辺りは満開でしょうか、諏訪の近くの高遠の桜は今が満開だそうで

高遠城址公園の桜を見に行くか迷いましたが
今日は岐阜県は根尾村の薄墨桜を見に行ってきました

国の天然記念物に指定されている樹齢1500年の日本三大桜の一つだそうです
数十年前まだ道が整備されていないころ出かけてひどい渋滞でたどり着けなかったことがあって
それ以来避けていたのですがw
去年シーズンオフに通りかかってずいぶん道も整備されていたので
念のため朝早くから出かけて見学してきました

6時に家を出て現地に8時過ぎに到着、渋滞もなくあっさり到着しました
駐車場もまだまだ余裕があります

DSC00806.jpg

シーズンオフは桜のすぐ近くまで行けましたが
この時期は下の広い駐車場から500m位坂道を登ってやっとご対面です

DSC00755_2016040919004907d.jpg

1500歳とは思えない見事な咲きっぷりw

DSC00767.jpg

幹の太さが迫力です

DSC00762_20160409184354b78.jpg

周りはカメラマンだらけでした

DSC00799.jpg

1500年ここに居るんですね~「はぁ~」「すごいな~」といつまででも見ていられます
シーズンオフに見た時も見事な枝ぶりに感心していましたが
満開に咲いている所を見ると「よく頑張ってるな~」と感動します
私の写真では今一迫力が伝わりませんのでぜひ現地へお出かけください

帰りも山の中を桜を見ながら寄り道をしながら帰って来ました

DSC00813.jpg

板取の「モネの池」も寄って来ました
ここは6月ぐらいが蓮の花が咲いて見ごろだそうです

DSC00833.jpg

今日はいい陽気でバイクがひっきりなしに走っていました
よ~し来週はバイクに乗るぞ、て言うと雨が降るんだよな~w

Tag:ドライブ  comment:8 

諏訪大社の御柱祭りに行ってきました

寅と申の年に行わる御柱祭、前回年男だった私は
テレビを見ながら「ああ行きたかったな~」と言っていたのですが

今回は妻が観覧席チケットが付いた宿泊プランがあるペンションを予約してくたので
休みを取って初めての「御柱祭」行ってきました

「御柱祭」正式名称は「式年造営御柱大祭」といい7年毎の寅と申の年に行われます
詳しくは⇒御柱祭

諏訪湖の周辺に4つある諏訪大社、上社は「前宮」と「本宮」下社は「春宮」「秋宮」があります
私たちは「上社」の御柱祭の一部「山出し」と言われる部分の「木落し」「川越し」を見てきました

今回のお宿は蓼科のペンション「四季の宿 すばる
チェックインしてチケットをゲットしたものの
時間通り受付まで行けるのか、まだ不安は続きます

DSC00451.jpg

料理も美味しくご主人も気さくなアットホームな宿でした
御柱に合わせて朝ごはんも1時間早く用意してくもらえました

朝食をいただきバタバタとチェックアウトし
車で3~40分走った茅野駅の市民会館が受付場所です
初めての事で渋滞を覚悟して早めに宿を出たのですが
月曜だからなのか渋滞もなく受付場所まで着くことができました
受付を済ませ法被を受け取りようやく一安心(ほっ)

DSC_0747.jpg

木落の観覧席は一本落とすごとに人も入れ替えるので
わかりやすく法被の色が分かれてます
私たちは上社「前宮四」の御柱、一番最終です

観覧席まで歩ている途中で私たちの前の「本宮四」の御柱が坂から落ちたところです
慌てて線路越しですが立ち止まって撮影しました
上社の木落坂は街中になるので観覧席じゃなくても見ることが出来るんですね
下社の木落坂は山の方なのでそうはいきませんが

DSC00486.jpg
DSC00494.jpg

でも観覧席からは近くから座ってゆっくり見れます
一本落とすのに時間がかかるので座れるのはありがたいです

受付してから2時間、座ってからも1時間、中々御柱は落ちません(笑)
「木やり」と言う歌を歌ったりブラスバンドの演奏があったりと気持ちを盛り上げて
花火とともに一気に落ちてきます、乗って居る人は楽しそうです(怖くないのか?!)

DSC00576_20160405134536d15.jpg

お祭りは参加して方が絶対楽しいですよね、皆さんいい顔してます

DSC00583_20160405134537b5f.jpg

なんか横に倒れてます(笑)落ちる瞬間観客からどよめきが起こり
横倒しになるとまたまた「うお~」とどよめきが
見てる方が怖いというか「危ない危ない」と心配になります

DSC00594_201604051345382e9.jpg

上社の御柱は「めどてこ」と呼ばれるV字型の角が付いててそこに人が乗るので高さ角度が倍増です
下社の御柱は丸太にそのまま跨って坂を下りる分地面に近いし左右の安定性は悪そうです

どっちにしても遊園地のアトラクションよりは危険そうです(笑)
近くで見た木落はやはり迫力があり盛り上がりも身近に感じられました、来てよかった

祭はまだまだ続いていますがちょっと息抜きに諏訪大社を回って
御柱祭の年限定の御柱と同じモミの木に書かれた御朱印を手に入れてきました

上社は本宮のみ、下社は秋宮のみの販売です

DSC00751.jpg

御柱が引き回される道路は交通規制で通行止めになりますが
それ以外は意外と空いていて諏訪大社四社を回ることができました

戻って来てすでに夕方、木落が行われた場所から少し離れたところで今度は御柱は川を渡ります

DSC00647.jpg

この日はこの辺りでは比較的温かかったとはいえ10~15度
先に川に浸かった引手の人は30分以上水に浸かっていました、見てる方が寒い

DSC00682.jpg

いよいよ御柱が川に突入

DSC00684.jpg

斜めになりながら川に落下

DSC00690.jpg

掛け声をかける人も安定させるための綱を引いてる人も一緒に川を渡ります

川を渡ったところで「めどてこ」はいったん取り外され御柱御殿と呼ばれるところで一か月ほど待機です
待機中のこれまで引っ張ってこられた御柱、右の一番太いのが本宮一の柱

DSC00615.jpg

今度は「里引き」と言うお祭りの続きが5月3、4、5日に始まり
お社の周り四か所に建てられお祭りは終了します

一日だけですが御柱祭を間近で見て諏訪の人の盛り上がりを感じることができました
7年に一度なので余計盛り上がるんでしょうね、また見に来たいですね~

Tag:家族旅行  comment:6 

カウンター
らーめんふぁくとりーのすけ
らーめんふぁくとりーのすけの つけ麺がお取り寄せできるようになりました
ホームページが新装開店しましたよ 是非一度ご覧ください 注文ページもあります
プロフィール

TREK

Author:TREK
名古屋の端っこで生息中
BMW R1200RTで放浪してます
2013年からはロードバイク(自転車)も追加して
健康も気にするようになりましたw

にほんブログ村
にほんブログ村に参加しています お暇でしたらポチッとお願いします
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30