ペダルとステムの交換

粗悪なチタン軸を付けたばかりにゴリゴリ感、そして外すことも出来なくなり
早急にぺダルを手に入れなくなりました、さてどこで注文しよう

海外通販は安いのですが通関手数料を足すと時間がかかる分割安感が無く
ヤフオクも部品が足りないものや業者だと送料を合わせると手間のかかるわりに割安感が無いので
1000円高かったけど送料無料で早いAmazonで注文しました

注文した翌日には配達される安定感(笑)
今までのはクロモリ軸でしたが悔しいので今回はステンレス軸です(純正チタン軸は凄く高い)

P1252249.jpg

アエロウォーカブルという新しいタイプのクリートが付いてました
以前のアルミカバーのタイプと比べると若干安っぽく感じるのは私だけでしょうか(笑)

P1252252.jpg

取り敢えずペダルだけ交換です
クリートは新しいシューズを買うまで取っておきましょう

P1252244.jpg

ついでにステムも交換しました
私が所属するviaggio cycling clubのメンバーが
ちょっと前下がりになるステムに変えているのを見ていいなと思い以前から気にしてました

ステムは色んなメーカーから様々な材質、角度、長さの物が出ていますが
材質は普通のアルミですが値段も手ごろで角度、長さのバリエーションが豊富な
「SHIMANO PRO LT ステム」の「±17度80㎜」にしました

ステム17度

ちょっとわかりにくいですが以前のステムです
「RITCHEY COMP 4AXIS ステム 」の「±6度80㎜」長さは一緒です

P1060370.jpg

新しいステム、ほぼ地面と平行になりました

P1252238.jpg

上の写真は去年の仕様で最近はその時よりスペーサーを少なくして下げていたので
今回角度的にハンドルが下がりましたがスペーサーを調整して同じ高さにしました

P1252236.jpg

知らない人が見たら「何が違うの?」って言うぐらいの変更ですが
今回のステムの交換は金額の割に自己満足に浸れます「俺のバイクカッコイイ~~」(笑)
スポンサーサイト

Tag:自転車  comment:6 

安物買いの銭失い

Amazonでこんなものを見つけました
「スピードプレイ用チタンシャフト」
左右で5000円ほど「チタンも安くなったな」とポチリました

PC082178.jpg

サクッと装着

PC082181.jpg
PC082190.jpg
PC082194.jpg

これでいくらか軽量化されたかな
しかし問題発生、スムーズに回らない!!仕上げの問題でしょうか
もう一度ばらしてやすり掛けしようとして分解しようとしてもはずれない・・・

プーラーがあれば外れそうだけどそんなもの無いし、そんな無理やり締めたつもりもないんですが
どうにもならなくなりました、しばらく乗ってれば馴染んでくるかと思ってしばらく乗りましたが
そんなわけもなく(笑)足の裏に伝わる「ゴリゴリ」という感覚、精神衛生上よくありません

正月休みに発作的に新しいペダルを注文していました(笑)
予備のクリートを買ったと思えば・・・高いクリートになりました

Tag:自転車  comment:6 

ロードバイクでのトレーニング法 2

前回FTPを測定して乗鞍での目標100分を切るには約30w今より上げる事になりました
どうしたらいいのか?地道なトレーニングしかありませんがなるべく効率よく(笑)

最初は訳も分からず「Zwift」のワークアウトメニューでローラーを回していました
10分ウォーミングアップしてFTP値付近のパワー(164w)で15分
10分心拍を落としてまたFTPで15分、クールダウンを5分というメニュー

とれ1

FTP値のあたりのパワーは無酸素運動と有酸素運動の境ぐらいだそうで
速筋が無酸素運動で発生させた乳酸を遅筋が有酸素運動で酸素とともに乳酸を消費して除去するのですが
徐々に乳酸消費が追い付かなくなり動けなくなります

このFTP15分×2のワークアウトは乳酸除去能力を上げるトレーニングです
これをしばらく続けていましたが
最近はサイクルスポーツ1月号の「今さら聞けないロードバイクトレーニングの基礎」という記事の中に
「負荷の高いトレーニングは短時間でも効果がある」、「持久力のトレーニングは長めに」と言うのと
「最初に高負荷のトレーニング」「疲れてから持久力のトレーニング」
疲れを残さないために乳酸を除去する
「リカバリートレーニングをしてからクールダウン」という記事を読んで

10分ウォーミングアップ 80w~140w徐々に
2分全力走 200w以上  3分休憩 100w位×3 速筋のトレーニング
25分リカバリートレーニング 150w位 乳酸除去、遅筋のトレーニング
10分クールダウン100w~60w
というメニューでローラーを回してみました

とれ2

どういったトレーニングが効果があるのか効率がいいのか良く分からないので色々やってみます
基本的に「高負荷のトレーニングは最初の方で持久力をのトレーニングは後半に」した方がよさそうです

実走でも同じように走ってみました、全行程80kmのコースです

雨沢峠までの10kmは徐々に心拍を上げて(ウオーミングアップ)
雨沢峠はタイムアタックを兼ねて頑張って走ります(負荷高め)
途中のの峠はあまり頑張らず心拍も抑えめで持久力を鍛え(リカバリー走)
最後の戸越峠を越えたらあとは家までの20kmはクールダウンを兼ねてゆるゆると(クールダウン)

天沢_LI

クールダウンが早すぎて寒くなってしまいました(笑)
10km手前からでも良さそうです
リカバリーとクールダウンに時間をかけたので家に着いてからも足は楽でした
以前は帰って来ると腿がむくんでいたのですがそれもなくなりました
年も年なのでアップとダウンはちゃんとした方がよさそうですね

雨沢峠で頑張ったのにタイムは短縮できませんでした
やはりパワーメーターを付けただけじゃ早くはなりませんね(当たり前w)
それどころか変に欲を出してかえって遅くなってます

でもせっかく付けたパワーメーターを目安に精進します
帰って来てから数字見てるだけで楽しいからいいんです(と自分を納得させる)

私はせっかちなのですぐ結果を出したいのですがこればかりは時間がかかりそうです
これからもあせらずじっくりトレーニングをしようと思ってます


今回サイクルスポーツの1月号を参考にしましたが
サイクルスポーツの記事は科学的に解説してあり押しつけがましくなくて好感が持てますね
2月号はペダリングの事やディープホイールの空気抵抗を実測したりしてました

Tag:自転車  comment:6 

ロードバイクでのトレーニング法

今年の目標は「乗鞍で100分切り」
チャンピオンクラスでは60分を切るような人達からから見れば低い目標ですが
去年のタイムが120分をやっと切った者からすれば20分の短縮はとんでもない目標です(笑)

本当に20分短縮できるのか疑問ですが頑張ります
そのためにパワーメーターも導入しました、でもパワーメーターを付けただけじゃ早くなりません

どのようにトレーニングしたら効率よく鍛えられるのか?
しかも50過ぎのオッサンなのであまりハードなトレーニングをすると心臓が止まりそうなので

自分の体と相談しながら去年の暮れからボチボチと試してます
まずは基準になる現在の私のパワーを計ります

FTPというのがパワーメーターを使ったトレーニングではよく使われるようです
このFTPとは「一時間維持できる最大パワー」らしいのですが
1時間頑張るのはしんどいしどれくらいのパワーを維持すればいいのかわかりません

それでよく使われるのが「10分ぐらいウォームアップしたのち5分全力走をして
10分足を休ませた後20分全力走をした20分間の平均パワーの95%」というものです

私は「Zwift」というバーチャルライドのアプリのワークアウトでFTP測定があったので
それで計りましたその結果20分の平均パワーが172wその95%で164wが私のFTP値のようです
この20分の苦しいこと、実走でもあまり超えることのない心拍170以上で20分、本当に死ぬかと思いました(笑)

FTP.jpgFTP1.jpg

そんな死ぬ思いで測定した現在パワー164wこれを基準にトレーニングです

2016年の乗鞍マウンテンサイクリングのタイムからヒルクライム計算機で平均パワーを見ます
120分の平均出力は134w

乗鞍120

100分の平均出力は164w・・・

乗鞍100

時間は短くなりますが必要な平均出力は30w上がります
単純にFTPを30w上げれば時間が短い分お釣りがくるかな?(笑)
FTP194wを取り敢えずの目標にしましょう

ちなみにトップクラスになると60分を切るタイムで登ります
どれくらいのパワーなのかと見てみたら平均300w以上(笑)
やっぱりあの人たちは次元が違うんですんですね~

FTP2.jpg

あまり次元が違い過ぎて目標にもならないので
取り敢えず目標30wアップの194wということでトレーニングをします

Tag:自転車  comment:10 

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます
ほったらかしのブログですが覗いていただきありがとうございます

今年も自転車ばかりの記事になりそうです
というわけで初ライドに行ってきました

今年の正月は温かいですね~
いつも行く雨沢峠の頂上あたりは例年なら気温はマイナスで雪が残ってたりするのですが
この日は気温も6度ぐらい、上下ウインドブレークジャケットとシューズカバーでちょうどいいくらいです
所々融雪剤が捲いてありますが先へ行ってみます

雨沢峠を越えて15kmほど走るとR363沿いに「世界一の陶器の狛犬」があります
出来たばかりの時はたしか「日本一の陶器の狛犬」だったはずですが
いつの間にかギネスに申請して認められたようで世界一になりました(笑)

DSC_1182.jpg

ここからR363を右折してR419を豊田方面へ向かいます
雨沢峠を越えて愛知県から岐阜県に入りましたが
この先の峠を越えると今度は岐阜県から愛知県へ豊田市小原町です
この辺りは四季桜の里として有名です、少し桜も残ってました

DSC_1183.jpg

小原町から藤岡町に入りもう一つ峠を越えて瀬戸市から自宅へ帰って来ました

走行距離は80km、獲得標高1300mほど、同じコースを以前も走りましたが
ローラーのトレーニングの甲斐もあってか以前より楽に走れました

狛犬狛犬1狛犬2

山間部で気温も低めなのにオートバイも沢山すれ違い
たまにピースサインをくれるライダーもいました
私もこの辺りはお気に入りのツーリングコースなので
たまにはオートバイの乗ってロードバイクにエールを送りに来ようかな(笑)

相変わらず訳の分からないブログですが今年もよろしくお願いします。

Tag:未分類  comment:12 

カウンター
らーめんふぁくとりーのすけ
らーめんふぁくとりーのすけの つけ麺がお取り寄せできるようになりました
ホームページが新装開店しましたよ 是非一度ご覧ください 注文ページもあります
プロフィール

TREK

Author:TREK
名古屋の端っこで生息中
BMW R1200RTで放浪してます
2013年からはロードバイク(自転車)も追加して
健康も気にするようになりましたw

にほんブログ村
にほんブログ村に参加しています お暇でしたらポチッとお願いします
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
カレンダー
11 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -